プログラマが独立するために

プログラマとして技術を高めていけば、やがては独立を考えるものだ。人材派遣の会社に勤めると分かることだが、クライアントから会社が受け取る報酬と、そこからもらう給料とを比較するとかなりの差があるからだ。つまり独立して直に仕事を受けることができれば、その報酬をそのまま受け取ることになるのだ。

実際にフリーとなったプログラマの中には、相当な額の報酬を受け取っている者もいる。ただしそのためには心得ておくべきことがある。
まず仕事は信用度が高くなければ回ってこないということだ。これは納期と品質を保証する、安心できるところに仕事を任せたいというクライアントの心理が働くからだ。そのためにはクライアントとの信頼関係をどのように築くかがポイントである。

多くの場合は、フリーになる前に、会社との付き合いがあるクライアントとの信頼関係を築いているものだ。会社としてではなく、あくまでも個人として信用度を高めることになる。そのためにはプログラミングテクニックだけではなく、高いビジネススキルも必要だ。細かな点で配慮のできるコミュニケーション能力や、クライアントの希望を適切に仕様書にまとめる技能、そして納期を守り品質を高めるための効率化などが挙げられる。単にひとりの技術者としての立場でいる限りは、信用度を高めることは難しいものだ。いかにクライアントと接して信頼してもらうのか、そのためには何をすべきかを考えることが重要だ。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です